学資保険の仕組み

ライフプラン・保険の窓口(ホーム) >生命保険の仕組み > 学資保険の仕組み

学資保険、子供が万が一のときの教育費を準備しておくのが学資保険です。

教育費というのは、お父さんが生きていても、万が一があっても、必ずいる保険です。保険会社としては、また、セールスとしてはあまり儲からないので、力を入れていない保険です。(子供の医療保険とかを含んでいたら別ですが、そういう保険はもらう保険金より払う保険料のほうが多い逆ザヤです)掛け捨ての部分が少ないので、保険会社の利益が少ないんです。

ただし、一番必要な保険かもしれません。

万が一があっても、大学には行かせてやりたいと、思われる方は多いでしょう。専門学校にも、お金はかかりますし、使用制限はないので、結婚資金に使えるかもしれません。

預金すればいいんですが、保険のいいところは一回でも保険料を払えば、翌日事故で亡くなっても、18歳には(設定を何歳にするかによりますが)200万円なら、200万円の教育費がおりる点です。

4年間で国公立の授業料で240万円くらい、私学の授業料で400万円以上かかります。

生活費は、まったく別です。下宿すれば、倍以上かかるでしょう。万が一の時は、生活費は子供に稼がすとして、出来たら、授業料の分だけでもと、考えると、400万円くらい、見なくてはいけません。

でも、生まれたときなら、保険料は月々2万円くらいです。
祝い金というのがありますが、これは良くわかりません。利率を簡単に出させないようにするためにあるのではないかと、かんぐりたくなります。基本は大学の費用が一番大きいので、それに対して、かけるべきです。

万が一のときは、当然、中高は公立です。(お金があれば別ですが・・・・)

今まではお勧めはソニー生命の学資保険でした。

これ今までの学資保険。
利率は0.8%くらいありました。

しかし、なんとなんとマイナス金利で今はない。
銀行預けても、0.002%ほど利率が付きません。
学資保険も利息が付かなくなってみんな、10年までの払い込みで、以降積立金なし。などの短期払い型が大半です。

それで返礼率110%とか詐欺まがいの事しています。

10年間で払い込み終わってあとは運用するだけ。そんなの増えるに決まっているし、利息が増えるの当たり前です。
昔なら120%になったし、なめています。
利率の良いソニー生命ですら、10年間払い込みで月々22320円。
30歳男性子供の18歳時に300万円受け取り10年間の払い込み総額が2678400円です。
銀行利率で0.87%です。エクセルで毎月利率計算したものを12倍して年利だしました。
前は18年払い込みで月々の支払いが12720円。払い込み総額は274万7520円。
少し高いですが、長くかけるので当然そうなるます。
10年間でかけるのとは利息が違いますから。
18歳時に一括して300万円
今もありますが、この支払が少し多くなって12990円。
18年間の払い込みが2805840円。
利率で0.74%くらいあります。

これどの銀行預金よりも良いです。
今のところ。
10年払い込みの方が事務手数料が少ないからか利率は良いです。

他も見てみると
保険市場の学資の人気ナンバーワンのフコク生命の
「みらいのつばさ」(5年ごと配当付学資保険)S(ステップ)型
比べるために繰り上げで18歳でもらうことにすると17歳払い込みで月々の支払いが14239円
18歳時に全部受け取るとむ3069300円。
戻り率は105.6%ソニーは18歳払い込みが106.9%なのでソニーの方が得かなとは思いますが、
ちょっと本来型とは変えているので違うかも。
こういうところは手数料の一番多いのを人気ナンバーワンにする可能性があるのでよく判らん。
というか計算できないように、もらう回数増やしているのでわかりません。
利率計算だけで行くと10年払いのソニー生命の学資保険が利率的には良いです。

しかし、明治安田生命つみたて学資が出てきました。
月々14575円。15年払い込み。
18歳19歳20歳21歳でそれぞれ75万円が受け取れます。
これエクセルに入れ計算するとなんとなんと1.1%の利率出ました。
4回に分けてやるから利率が良いのか、判りませんが、これがお得。
でもいつまで続くことやら。

その医療保険がいるかどうかは次で

保険の仕組み  元に戻る

 ライフプラン・保険の窓口(ホーム)